バナー

開業医が増える背景と医療の拡充

医者の開業は全国規模で急速に進んでいます。
しかしながら、全国的に慢性化している医師不足であることは間違いがない事実です。

あなたの知らないサロン FCに関する良い情報をご紹介するサイトです。

なぜ、開業医が増えながら慢性的な医師不足となるかと言うと、高齢化による患者が増えたことや、癌などを見つける技術が高まったことがその原因でもあると言えます。

実際に私の住む岐阜県のとある町でも以前は内科として古くから開業する医院がせいぜい2院、耳鼻科・皮膚科・眼科・外科が数件あった程度で、あとは市立病院や私立の中堅規模の病院が1院しかありませんでした。

しかも、以前では病気を見つける技術が低かったせいか、病気になってから病院に行くということが多く、病院に行ったときには手遅れということも少なくはありませんでした。

しかし、現在ではCTやMRIなどの進歩で事前に病気を見つけることが出来、先進医療技術の発達で重大疾病も治るようになってきました。

今までに培ったノウハウを活かし、マツエク フランチャイズのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

大手病院の場合、患者が増えすぎて、医師の労働状況は過酷極まりないもので、しかし、大手病院で主治医として多くの患者を診てきた医師の場合ファンを多く持ち、連携の取れる大手病院の近くで開業をする医師が増えています。


そのため、私が住む市でも最近は落下傘開業状態で、以前のような内科医院や外科医院は姿を消し、消化器内科クリニック・胃腸科クリニック・整形クリニックなどとして開業する医院が増えました。眼科・耳鼻科に今まであまりなかった心療内科・脳神経外科・皮膚科などのほとんどの医院でクリニックという名称で開業されています。
以前は医師自身の苗字の下に医院や病院と付く名前が多かったのですが、あえて苗字を使わずに、地名をの下にクリニックと付けるところも多くみられたり、循環器であればハートクリニックや眼科の場合アイクリニックなどの名称も増えてきました。

これらのクリニックのすべては、予防医学の側面から検査を中止として、疾患を見つけ、速やかに病気の原因を特定し治療するというもので、癌や動脈瘤などが見つかった場合、すぐに連携病院に紹介状を書き、患者を送るという仕組みが出来上がり、大手病院では医師不足となっているという、医療の拡充がもたらした、医師不足と開業医過多の真逆の現象を産んでいます。

美容師 フランチャイズ情報選びを親身になってアドバイスいたします。